SEO


ライブチャット
ライブチャット

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トレントファイル】黄昏のエレジーア

黄昏のエレジーア 12月5日ランキング
 商品発売日: 2010/11/26

 【エロゲダウンロード】
 【エロゲ通販購入】

 ※DMMのDL・レンタル・通販手順はこちら 
 

黄昏のエレジーア
主人公は天才魔道士ミハエル=ランバーン
ミハエルの野望は「この世界の征服と自らによる統治統一」
禁呪によって作り出した魔物の軍勢を使い、辺境の小国をことごとく制圧してきたミハエルは、遂に中原の要所であり、求め続ける古の禁呪法『神々の狂気(ディヴァスラビエス)』のカギを握るとされる『ディアスタン王国』征服に乗り出す。
ミハエルは、大軍勢による正攻法を取らず、まるで遊びを楽しむかのようにディアスタンに潜入し、その強大な力の一片によって宮廷錬金術士として迎え入れられた。
そうして、ディアスタンの内情を探るうち、この地に思いもよらなかった大きな謎が眠っていたことを突き止める。
そして遂に、覆い隠してきたミハエルの黒き野望が牙を剥きディアスタンを多い尽くす!

舞台である「ディアスタン」とは
交易中心地である中東の大国で「ディアスタン無くして中原の繁栄は無し」とまで言わしめた。城下から海を臨み大陸からの交易船を迎えいれ、主要な陸路はディアスタンを経由して他国と交わっている。
現在では商業国家としての色合いが濃く、現王が無能なこともあり、豪商が中心となり、街を運営している。ただし、国家としての力が弱いわけではなく、商人の自由を許しているのは、国の伝統と格式があればこその懐の深さと言え、未だ大国として、隣国カゼリアと並び中原の盟主の立場を二分している。
王城を取り囲むように街を形成しており、主人公に占拠されるまでは、世界中の物品と人々が集まるにぎやかな街だった。
ちなみに、現在は商業国としての色合いが強いディアスタンだが、かつての戦乱の世では武の強国として、また錬金術を駆使して、魔法王国カゼリアと覇を競っていた。

この度、長年敵国であったカゼリア王国王女を王妃として迎える事となり、両国の関係は親密なものとなるはずだったのだが…
※トレントのDL手順はこちら
【Download01】
【Download02】
【Download03】
【Download04】
【Download05】
【Download06】
【Ranking】

ブログパーツ



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。